So-net無料ブログ作成

じゃあ、営の部首はな~んだ? [知りたい!!]

前に、
学の部首はな~んだ?という記事を書きましたが、その続編です。
学の上の部分
↑この部分は部首ではない。名前もない。↑

学の部首は「子」、覚は「見」ということが判明し、
では、他の字は一体どうなんだろうとピックアップしてみました[手(グー)]

栄=木 蛍=虫 労=力 でした。

「何が何でも上の部分には主役は渡さない!」という意気込みを感じます[バッド(下向き矢印)]
こうなると、残る1つ、営の部首も呂なんだろうなと諦めムードで調べてみると、

営=ツ[目][exclamation&question]だっだのです。

ツという部首は想定外でした[たらーっ(汗)]
そして、このツ部がまた、何だかややこしいことになっていたのです[バッド(下向き矢印)]

【部首解説】


ある種の複雑な字形の一部を簡略化するとき、符号的に用いられる。
常用漢字では、旧字体で
單 嚴 勞 榮 螢 營 擧 學 覺 獵
であった字形の一部が略され、
単 厳 労 栄 蛍 営 挙 学 覚 猟になっている。
これらの新字体のうち、もとの所属部首に分類できなくなった文字をまとめるため、
新しい部首としてツ部を設けた。
(漢語林より引用)

営は上手く分類できなかったわけですな。

・・・ん??
新しい部首としてツ部を設けた・・・設けた・・・???
部首って新しく設けられるの[目][exclamation×2]

し、知らなかった[あせあせ(飛び散る汗)]
じゃあ、いつの日か名前もないあの部分を部首にしましょう[手(グー)][グッド(上向き矢印)]

部首名「ツワかんむり」希望[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 10

macky

こんにちわ。
私のブログにトラックバックを申請していただき有難うございます。
部首、調べると、奥が深いですよね。
私も「学」はがくかんむり、かと思ってました。
小学校の娘が「ツワかんむり」っていうので、違うよ~って意気込んで調べたら、私自身も違ってた・・・
でも、漢字って面白いですよね。
いつの日か「ツワかんむり」になることを期待して・・・・
また遊びにきます。
by macky (2009-12-23 08:07) 

森口流々美

名もない部首には名前をつけましょう~♪


by 森口流々美 (2009-12-23 12:26) 

とんかつ

macky さんへ
こんにちは。
同じ疑問を持った方がいるのだと、嬉しくなりました。
またおじゃまさせて頂きますね。
by とんかつ (2009-12-23 12:31) 

とんかつ

森口流々美さんへ
署名活動でもしましょうかね?
by とんかつ (2009-12-23 12:33) 

Yoji

「ツワかんむり」、賛成です。ぼくも同じように考えていました。
by Yoji (2017-04-22 09:34) 

Jaclyn

あなたがこのことから考えていることは印象的です
ここで行った議論からも理解できる。
by Jaclyn (2017-11-23 10:20) 

Robin

のような最も優れたコンテンツのために行く場合
私は、単にいつもこのウェブサイトを訪問してください。
それは、機能の内容を提示する、ありがとう
by Robin (2017-12-01 04:44) 

Daniele

こんにちは、どのブログプラットフォームで作業しているのですか?
私はすぐに自分のブログを始めるつもりですが、私は
BlogEngine / Wordpress / B2evolutionとDrupalの間で選択するのは難しい時期です。
私が尋ねる理由は、デザインがあなたのデザインとは違っているようで、私は何かを探しているからです
ユニーク。 P.Sオフトピックで申し訳ありませんが、私は
頼む必要があった!
by Daniele (2017-12-07 03:34) 

Lazaro

私はこのウェブページの所有者に本当に感謝しています。
現時点では。
by Lazaro (2017-12-08 02:43) 

Marisol

予期しない感情に関する貴重な馴染みのないあいまいさと保全性の素材。
by Marisol (2017-12-13 02:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。